ちょっと学習:家の外壁「杉板の良さ」

ちょっと学習

ちょっと学習 家の外壁「杉板の良さ」

 

古い家やお蔵などで板張りされている建物が多いですが、無塗装でも40年・50年と使用されていて、耐久性の面でも再注目されています。海が近い塩害地域にも適してます。

 

板張りでも防火建築にすることも可能です。その理由は、リフォームの時に一番困るのが、窯業系サイディングの修理。同じパターンの物が、すでに廃盤になり、在庫がない為、似たものを部分的に貼ったり、増築したくなっても、増築部分が別のものになったり、パターンによっては塗替えをするとイメージが大きく変わったり、外観を維持することが出来なくなるからです。杉板張りや、左官工事は、そういった問題が少ないのです。10年、20年たっても、材料がなくなる事は無いのです。

 

木というのは、日射・雨など外部の過酷な条件下では劣化しやすく、塗装の劣化、割れなど手がかかるように思われます。そこで、木を使う場合は塗装をして劣化をある程度防ぐわけです。その塗装にもいろいろあって、デザイン的にはなるべく木目が消えないもの(浸透性)で塗装したいわけです。ベタっと木目が消えてしまうペンキだと、もっと耐久性があるのですが、木の良さが失われてしまうように思います。

 

杉板の良さは水を吸いますが、凍り付いても割れないので凍害にあいません。これが大きな差です。さらに、少しぐらい濡れても放湿性が強いので乾いてしまう。ということは 塗装による防水をしなくても材料はダメになりません。杉の板は舟にも使っている材料で、水に濡れたくらいではだめになりません。

 

日本製の杉材で出来た板であれば、無塗装でも40年持ちます。外壁に使う日本製の木板ですが、オススメなのが杉材です。杉材の解りやすい耐久性の高さは、一分十年(いちぶ じゅうねん)と言われている事です。一分というのは建築の単位であり、3㎜の事を指します。一分十年=3㎜厚で10年持つ、という事になります。一般的には外壁の板材は四分板以上を使う事が殆どなので、四分でも40年持つという計算になります。

 

少し木の良さを知ってい頂けましたか…けれど気になるのが、無塗装であれば自然に起きる色あせや黒ずみです。見かけが気にされる方には、ちょっと二の足をふまれます。機能面やメンテには一番おすすめなのですが…

 

そこで、今回4月末に完成お引渡しする建物の外壁(福井県産材の杉板)に、スーパーコート加工を施工しました。初めてする加工です。この工法は滋賀県にある業者様にお願いしました。おかげさまで、お客様の協力によって実現する事ができました。この方法が皆様のお役に立てる一つの施工方法として、取り入れていける事を願います。

 

ご興味のある方は、実際ご覧いただけますので、当社までご連絡ください。喜んでご案内させていただきます。

 

 

参考
(有)小林製材
滋賀県高島市マキノ町寺久保567-2
ホームページ: http://www.k-se.jp

 

 

写真
当社で作った杉板(福井県産材)無垢の状態
写真
スーパーコート加工した状態
写真
外壁に使用
写真
写真
写真



Return to Top ▲Return to Top ▲
copyright(C) Asahi Mokuzai Kogyo co.,ltd. all right reserved.