最近良く耳にする「高気密・高断熱住宅」…

ちょっと学習

最近良く耳にする「高気密・高断熱住宅」どうして気密性能が必要なの…良さは…

 
最近良く耳にする「高気密・高断熱住宅」
どうして気密性能が必要なの…良さは…

 
気密性能とは、家の隙間の小ささを表す性能の事です。
この気密性能を「隙間相当面積C値」という数値で表します。
 
C値とは、建物の床面積1㎡あたりの隙間面積を表す数値で、小さいほど気密性が高いことになります。
家の面積に対して、どのくらいの隙間があるのかを知ることができます。
単位は「cm2/m2」です。
たとえば、C値が 1.0 c㎡/㎡ であれば、建物全体の隙間を集めると 100 c㎡(正方形10cm×10cm)あるということになります。
 
このC値の計測は、完成後の建物で第三者により計られます。
机上の数値ではありません!!

 
当社では、基礎断熱を採用するに当たり、C値の計測を㈱日本アクア様により実測してきました。

正直なところ6年前に始めたころは、C値2.1 c㎡/㎡でした。

現場では、監督並びに協力業者さん達が試行錯誤を繰り返し丁寧な仕事をしていただいたおかげで、C値が1.0 c㎡/㎡をきり、平成28年にお引渡しの住宅ではC値0.7 c㎡/㎡の結果を得ることができ、高気密住宅認定書をいただけるようになりました!

勿論、高気密高断熱に加え、耐震性能では2相応の性能も上げています!

 
C値の数値結果で提案する自信を持つことができましたが、何より一番強く自信を持てるのは、お引渡し後のお客様の喜びという力強い声です!
完成した住宅にC値の計測結果も掲載していますので、ご参考にご覧ください。
 
詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

一生に一度の大切な買い物、決して手を抜かないで下さい!

先ずは、一緒に勉強していきましょう。

そして納得いくまでご相談ください!
 
経験豊かなメンバーがいますので、お客様に沿ったプランが出来上がるまで打ち合わせをさせていただきます!!
 

高気密住宅認定書

 



Return to Top ▲Return to Top ▲
copyright(C) Asahi Mokuzai Kogyo co.,ltd. all right reserved.